脱毛エステで料金を安くする節約術を大公開!

- 脱毛エステの痛みについて

脱毛エステの痛みについて

エステで脱毛をした事が無ければ、どのくらいの痛みを伴うのか想像するのは難しいかもしれません。
特に全身のムダ毛を処理する事などを考えるとちょっと恐ろしくなってしまいます。
さて、実際に施術中はどのくらいの痛みを伴うのでしょうか?

本当に痛いのはニードル脱毛

本当に痛いとされているのはニードル脱毛で、これは1本1本毛を抜くので痛みは避けられません。
レーザー脱毛とフラッシュ脱毛がゴムで弾いたような痛みなら、ニードル脱毛はもっと直接的に刺すような痛みを感じます。
なんて事を聞くとニードル脱毛なんて絶対にしたくない! と思うかもしれませんが、もちろん痛みを抑える方法はあります。
基本的には麻酔クリームを使用する所が多く、注射を使用して痛みを抑える事も可能です。
言い換えると麻酔でも使わないと耐えられない痛みとも考えられますが、ニードル脱毛の痛みと効果は施術する人の技術にも左右されます。
技術不足の人が行うと余計に痛いですし、更に効果をあまり期待出来ない事もあるので、ニードル脱毛は徹底的に高い技術を持つ店舗へ行くべきでしょう。

部位によって痛みは変わる?

特に痛みを感じる部位はVラインで、他に膝やうなじなども特に痛みを感じる箇所です。
後はワキと眉毛も他の箇所に比べると痛みを伴いやすいので、これらの部位を毛抜きするなら痛みの少ないレーザー脱毛などがオススメです。
痛みがあまり無い箇所は背中、臀部、お腹などで以外と広範囲の箇所が痛みを感じにくい傾向にあります。
施術中の痛みは毛の少ない所ほど感じやすいので、背中やお腹よりもうなじなど細かい所の方が痛むのです。
良く全身脱毛の痛みについて質問する人がいますが、今回の説明で分かる通り施術する箇所によって痛みは変わります。
もしうなじやVラインを徹底的にやるなら、施術する部位に限らずある程度の痛みは覚悟しましょう。
そしてどうしても我慢出来そうにないならレーザー脱毛に徹してニードル脱毛を避ける事です。

痛みには個人差がある

痛みには個人差がありまして、同じ部位でも痛みを感じる人がいればほとんど感じない人もいます。
こればかりは実際にやってみないと分かりませんが、もしかなりの痛みを伴うなら施術方法などを再考した方が良いでしょう。